借金返済の悩み・問題解決

借金返済

このページをご覧になっているということは、
借金の返済に悩み、誰にも知られずに1日も早く借金を返したい思っている方ですね。

当サイトでは、借金の返済方法、催促・督促の電話から1日も早く逃れる方マル秘情報を紹介します。



借金問題を解決:取り立て・催促の電話を止める方法

借金で首が回らなくとなると困るのが催促の電話ではないでしょうか?

取り立て・催促
もちろん、返していない自分が悪いと思いながらも、かかってくる電話・督促状には、ノーローゼになりそうになります。
電話に出ない!携帯の電源を入れない!というのは対処法にもなりません。
債権者も脅すことが目的はなく回収することが目的であるため、家や会社にまで押しかけ、逆に厄介になるケースもあります。

そこで、催促を止めさせる方法は、法的手続き:代理人を立てることです。
もっと簡単に言うと弁護士・司法書士の先生に窓口になってもらうことです。

弁護士・司法書士に、借金の整理・スムーズな返済を依頼することで、債権者は本人に連絡することが不可能となり、窓口はすべて代理人になるための直接の催促の連絡がなくなります。



借金問題解決ならまずは匿名無料相談から

街角法律相談所 借金問題解決や債務相談などを行うにあたって街角法律相談所というサイトをお勧めします。

街角法律相談所は無料で利用することができ、今の債務状況入力することで、それに対するアドバイスをメールや電話などで受けることができ、同時にアナタにぴったりの弁護士事務所の紹介もしてくれます。

匿名で行うことができるものですので、直接弁護士や司法書士にお願いする前に、内緒で行いたい人・相談したい人にはおすすめです。

そんな街角法律相談所を利用するメリットは
  • 弁護士や司法書士という専門家が無料で自分がする相談に対して返答を行ってくれるということ
  • 任意整理が得意である近くの法律相談所を見つけることができるということ
  • 手軽に相談することができるので大幅な時間の節約になるということ
などが挙げられます。

80%の借金解決率という大きな実績もとっても心強いですよね。
借金を抱えているけれど、その返済方法に対して悩んでいるという方は一度相談してみることをお勧めします。
何も分からないような状況で一人でただひたすらに悩んでいても何も解決しませんので、1日も早く借金生活から逃れるための第一歩にご利用ください。
>> 街角法律相談所はこちら << 


匿名無料診断で、現状を把握しましょう
借金返済シミュレーター

まずは今の現状を再確認することからはじまります。借金返済額がいくら減額できるかなどの計算を簡単に行うことが出来ます。

街角法律相談所が提供する匿名無料診断・借金相談シミュレーターです。
借金解決診断シミュレーターは”3つの質問”に答えるだけで、債務の減額方法、や月々の返済額がいくらになるのかがわかります。
実名、電話番号、住所などの入力は必要なし!日本全国どこでもOK、土日祝日・24時間いつでも大丈夫。
もちろん、借金返済 一本化の相談など無料で利用できます。

借金の一本化




借金返済解決なら弁護士・法律事務所へ相談しよう


樋口総合法律事務所
借金のご相談なら樋口総合法律事務所
借金をもっと軽く!あなたの借金問題は解決できます。
何社もある借金でお悩みの方、ご相談無料/月600件以上の相談実績/借金の督促ストップ可能/初期費用0円・費用分割OK
0120-834-033
樋口総合法律事務所


弁護士法人サルート法律事務所
借金生活から脱出!
借金はもうたくさん!やり直したい!と思う方はスグに!
家族に内緒の借金も秘密にしたままもOK。
0120-840-049
弁護士法人サルート法律事務所


【ふづき法律事務所】
借金の返済におこまりのかた、借金をまとめる方法ではなく、「減らす」「無くす」方法で解決しましょう。
法律家があなたにあった借金問題の解決へ導きます。ふづき法律事務所(東京都新宿)
0120-841-027
ふづき法律事務所


任意整理なら【天音法律事務所】
任意整理・個人再生・自己破産を弁護士が総合サポートします。
お客さま第一主義の親身な対応で質の高いサービス。
0120-843-013
天音法律事務所


女性専用の闇金・ヤミ金相談なら【ヤミ金レスキュー】
“女性スタッフが完全対応、ヤミ金相談専用 女性からのご相談のみに限定し、お悩みを即日解決します!
0120-844-009
ヤミ金レスキュー




借金返済ブログ:借金の苦しみ

いつごろからだったでしょうか?
金融会社から、「お金が必要ではありませんか?」
という電話が携帯にかかってきたのは?
私の個人の情報が、漏れていたようです。

借金返済ブログ 冒頭の電話、この時はまだ、借金に悩んでいませんでした。
多少、毎月の返済が厳しくなっても、なんとか返し続けていました。

しかし、時間が経つにつれて、また、景気の悪化で収入減、ボーナスもなくなり、どうにもこうにもお金が回らず、借入の返済が滞ることが増えてきました。
作った借金が、キャンブル・株式投資や女ではないとはいえ必死で返す努力をしました。

借金の問題に関しては、家族や知人には知られたくない、もちろん、会社にも知られたくないと感じている人が多いでしょう。

私もそうでした。
家族には迷惑・心配をかけたくない。
できれば、何もなかったかのように、借金ゼロに戻したいと・・・。

また、借金とは別に住宅ローンの返済もある場合、どうしても、住宅だけは残したい。っと切羽詰っている人もいるでしょう。

借り入れを始めたときは、借りたものは利子を付けて返すことを真面目に考えていましたが、

返済が難しくなると借金返済の催促の電話にも、
「無いものは無い!」っと

逆ギレしそうになったこともありました。


安心してください。

借金で困窮している人が、即解決できる方法があります。

金融会社からの催促がなくなりますので、1日も早く手続きを行うことをオススメします。



借金返済方法

大きく分けて6つ!6つの借金の返済方法について
借金の返済方法には大きく分けて、借金一本化と過払い金返還請求、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産という6つがあります。
どうやって借金問題を解決したら良いのかということですが、自身の生活状況や借入れの状況によって最適なものが変わってきます。
そこで要望やその他の状況を吟味し、より良い方法・賢い完済方法を探っていくと良いでしょう。

借金返済の一本化

まず、借金の一本化なら知識があれば一人で行うことができますし、他の人には知られたくないという場合にオススメです。
他の方法はしっかりとした知識とノウハウがないと難しいですし、弁護士に依頼すると費用が安くなる場合もあります。
そのため弁護士に相談して行うようにしましょう。

弁護士に相談


どのように借金を返済するかについては、債務者本人が見積もりを立てると良いのですが、判断については経験豊富な弁護士に任せることがポイントです。
弁護士ならこれまで数多くの経験があるため、安心して相談することができるでしょう。

債務整理
債務整理の方法には自己破産、個人再生、任意整理、特定調停といくつかの種類があります。

  • 自己破産は、裁判所を介し破産宣告を得て免責(借金を帳消し)を決定させることです。
  • 個人再生は、借金を減額し返済負担を圧縮すると同時に、返済計画のもとに、その借金を返済していく方法です。
  • 任意整理は、弁護士や司法書士にお願いし、借金の減額、分割での支払いなどを要求を求めるものです。
  • 特定調停は、裁判所で調停委員を間に置き、債権者との交渉です。


一般的には任意整理と自己破産
①資産(家・車)を残して、借金を減額したい人・毎月の返済額を減らしたい人
弁護士や司法書士に間に入ってもらいうこと、それが任意整理です。

借金の整理

高金利の状態で払い続けたお金の返還請求する過払い金請求、返済額の再計算、また、返済方法の見直しをすることで、家や車を処分することなく、借金の減額が可能です。

②返済能力もなく資産などすべて失ってもいいので、裸一貫からやり直したい人
返済が不可能な人が破産宣告を受けて破産者になり、免責を受け借金を免除してもらう手続きが自己破産です。


自己破産


再出発を手助ける位置づけもありますが、自由財産(生活に必要なもの・お金)以外の財産は失うことになりますので、借金はチャラになりますが、財産も失います。






弁護士事務所・司法書士の選び方

弁護士の選び方

債務整理・任意整理・自己破産を個人で決定するより、やはり、専門家に意見を聞き決定・進めていく形が望ましいでしょう。

そこで、代理人として弁護士さんの選出方法のポイントを1つ説明します。


債務整理の弁護士

弁護士も司法書士も、任意整理は債権者との交渉が基本的なので、時間と労力を必要とします。結論から行くと、自己破産の手続きは事務所スタッフ(パラリーガル;paralegal)の書類作成が基本なので、流れ作業で行え、手っ取り早く進められるため自己破産を勧めてくる場合があります。

借金の弁護士費用

よって、1つの事務所にだけお問い合わせするのではなく、複数の事務所にお問い合わせをし親身に相談に乗ってくる事務所をしっかり探しておきたいですね。借金の弁護士費用


借金の整理に掛かる費用について
借金返済の着手金

借金整理は弁護士に相談するだけであれば、相談先の法律事務所によっては無料で済む可能性があります。しかし、借金完済の作業をベテランの弁護士に行ってもらう場合は、通常の依頼と同様に着手金や成功報酬といった費用(現金一括・後払い・分割払い)がかかります。

着手金と成功報酬は債権者の数に応じて変動します。債権者数が多い場合は高額になることから、弁護士は債権者が多い債務者に対しては他の整理方法をすすめることが多いです。個人再生手続や自己破産申請の場合は、着手金は30万円前後で、成功報酬は着手金と同程度を上限としていることが多いです。



弁護士費用の支払いは一括払いが原則です。

しかし、一括払いが困難な場合は分割払いにすることもできます。

クレジットカード破産

特に一括払いできるだけの資金を用意できない場合が多い債務整理の依頼者は、分割払いを選択する傾向にあります。

分割払いを選択した場合であっても、金融会社からの融資やクレジットカードの利用時などのように分割手数料や利息が請求されることはないので、分割払いを望む場合は遠慮せずに依頼した弁護士へ伝えましょう。




借金をゼロにする方法はあるの?

借金を合法的に減額する方法はあります。
条件によっては、借金ゼロにもなりますし、逆にお金が返ってくる場合もあります。

借金の交渉

借金整理とは、弁護士や司法書士に依頼し、返済交渉(減額・返済方法の変更、過払い請求)を行い、返済を楽にするものです。

裁判所を通して、法的に決定する形もあります。借金の時効
債務減額方法






過払い金を計算します

債務整理
債務整理には過払い金請求や自己破産など様々な借金の処理の仕方があります。
これらの債務整理を行うときは、貸金業者から借り入れ契約を行った時点に遡って、利息制限法の上限金利である15%から20%の金利に引き下げた状態で再計算を行い、払いすぎた過払い分を借金の総額から引き下げた状態で処理を行います。
法律の専門家が貸金業者と話し合いを行うことで和解をして、和解した内容に基づいて返済をすることで借金を整理することができます。

過払い金の計算方法

過払い金請求については貸金業者から借り入れた期間が5年以上で、金利が18%を超える場合は払いすぎた過払い分を取り戻すことができる可能性が高いです。
個人再生の場合でも、払いすぎた分を差し引いて再計算を行ってから残った債務について、借金の完済を行う手続きとなっています。
自己破産に関しては財産の所有がなく債務を返済していく能力が無いことを裁判所が認めることで、その後の借金の支払いについて全てを免責する手続きを行うことを言います。過払いについて




住宅ローンについて
返済が苦しくなったことで債務整理に頼る人が少なくありませんが、収入が無いために返済が困難な場合は「自己破産」を選択するしかありません。

借金と住宅ローンの関係

ただ、安定した収入があり、借金を大幅に減額してもらうことで返済を継続できるのであれば、「個人再生」が可能になります。

参考文献
☆買い物依存症OLの借金返済・貯蓄実践ノート 優里, 西村
★借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記 金森 重樹
☆借金返済で困ったらこの1冊 (はじめの一歩) 石原 豊昭
★元貸金レディが教える借金返済マニュアル: もう借金は怖くない!金樫てる子
☆借金返済の裏ワザ 多重債務地獄から抜け出せる! 石丸 幸人

消費者金融事件
・武富士弘前支店強盗殺人・放火事件
・アイフルのタイ合弁、消費者金融始動
pagerankjj72.orgalmadinapress.com


個人再生の最も大きな特徴は、住宅ローンの残債があっても住宅を差し押さえられないことです。その代わり、住宅ローンは対象から外れるため、減額が行われません。従って、残債はそのままの金額で返済を続けなければなりません。

そして、住宅ローン以外の債務総額を規定の最低弁済額(債務総額の5分の1~10分の1)まで減額してもらい、その金額を3年間で返済します。

個人再生

ただし、個人再生には「清算価値保障の原則」というものがあり、所有している私財の現在の価値が最低弁済額を上回る場合は、上回った金額分を弁済額に加えなければなりません。そのため、住宅の現在の評価額が住宅ローンの残債より大幅に上回る場合は、住宅を手放さざるを得なくなることもあります。




消費者金融との戦い
借金は誰もがしたいと思ってするものではありません。
ドラッグ中毒者と一緒で、最初は少額であれば、すぐに返せるし・・・という気楽な気持ちからはじまります。

借金中毒

その後、その額は少しずつ増え、投資やFXで運用したり、パチンコ・競馬などのギャンブルに資金が回ったり、ブランド品や車などの高級品・ショッピングへとエスカレートしていきます。

誰もが、自制心があると思いはじまりますから、決して他人事ではありません。

消費者金融もお金を貸して利子で食べていくわけですから、返済が止まれば死活問題です。

闇金でない以上、正当な催促をする義務はありますし、合法である以上、あの手この手で返済を迫ります。

闇金返済

借金を返済するために、別の消費者金融(クレジットカード・キャッシング・カードローン)でお金を借りる人もいますが、そのうちどこからも借りることができなくなり、計画的に自己破産を選択する人もいますが、あくまでも健全な形で、借金をきれいにするという意味では、弁護士や司法書士にきっちり整理してもらうことは必須でしょう。